目標を立てる大切さ

2015/09/16 admin
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Share on Tumblr0

PAK85_notepc20150319202127-thumb-815xauto-18289

こんにちは♪ユニトラストの石田です。

本日は、弊社で行っている活動「四半期目標」についてご紹介したいと思います。

◆四半期目標について◆

半期に1回、各自目標を立てて達成を目指し、帰社日にて発表します。
取り組みの発表内容を、社員で投票し、な・なんと1位と2位は表彰(副賞付き)されちゃいます。

(*>▽<*)スゴイ! 発足当初は、四半期に1回目標を立てて達成のために各々取り組んでましたが 現在は、半期に1回のペースとなりました。 当初の名残りで、名前は変わっておりません。

◆目標を立てるということ◆

【目標を立てて、決められた期間内に達成する。】

言葉で言い表すと簡単なように聞こえますが(え?簡単なように聞こえないですか?)
実際に取り組んでみると、なかなか大変なことです。

まず、目標とは、何を基準に立てるのか。何故目標を達成するのか。
そこから考えます。

そして、目標を達成するには、何を行うのか。
ただし、期間は決まっている。。。

さらに、何をもって達成とするか。

たとえば、「○○のアプリケーションを作成する!」という目標を立てるとします。
でも、なぜアプリケーションを作成するという目標を立てたのでしょう?

①プログラムの基礎知識を上げたい。
※親と子の要素は、考えに対する理由の関係となっています。
①

②普段接することが少ない先輩に質問して交流を深めたい。
目標②

③質問することによって報連相の能力を上げたい。
目標③

・・・etc

上記のように理由を深堀すれば、取り組みによって得られる成果(上記では【結果】)が見えてきます。
内容がポヤッとしているよりも、理由が具体的になればなるほど、行動に起こしやすいですね(^^)♪

ちなみに上の例は、MindMupで作成しました。
機会があれば、使用方法などを技術的なことを紹介する記事に載せたいと思います♪

◆課題達成の振り返り◆

そして、頑張って頑張って期間内にアプリケーションの作成が完了した!
やったーーー!

しかし、振り返ってみて、①~③・・・etcはどうでしょうか。
置き去りになっていたら「達成とは言えない」と思います。
アプリケーションを作成するだけなら、一定の経験や知識があれば、ちょろっと出来ることです。

四半期目標・・・まさに
自 分 自 身 と の 戦 い !

ここまで読んでみると
「難しそうだな」「しんどそうだな」と思うかもしれません。

ですが、弊社は達成までの過程もみています。

結果がついてくればベスト、でも結果だけじゃない!
頑張った姿があれば、評価します!
そして、終わりには必ず成長した自分自身に会えます。

◆2015年第1Qの発表について◆

次回の帰社日では、5月~7月までの四半期目標の活動発表があります。
どんな発表はあるか、とても楽しみですね(*^^*)

目標達成を目指して、ラストスパート頑張りましょう!!!
発表に関しては、次回の記事でお伝えします♪

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Share on Tumblr0