2017年度新人研修_終了報告

2017/08/31 卓美舘林
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Share on Tumblr0

集合写真0078

みなさん、こんにちは。
ユニトラストの舘林です。
今年度の新人研修が終了の時期を迎えましたのでご報告します。

5月から始まった新人研修は、3か月間の基礎研修、1か月のOJT(On The Job Traning)で構成されており、それがまもなく終了します。
プログラミング自体をほとんど、あるいはまったく知らない状態からスタートした新人たちも、3か月の基礎研修、1か月のOJTをこなすことで先輩社員と肩を並べ、立派に業務をこなせるまでに成長してくれました。

trainee_presentation_view
「ECサイト作成の画面レビュー」

彼らがこの4カ月で学んできた内容は
Java、SQL、HTML、CSS、Javascript、jQuery、JSP、Spring Boot、Thymeleaf、JPAなど。
プログラミング未経験の彼らにとってはどれも未知の存在で、理解することはとても大変だったと思いますが、講師陣の支えと不断の努力で乗り越え、他社に負けない技術や熱意を持った新人に成長してくれました。

さらに今期より、ユニトラストのプログラマとしての考え方、社会人として重要な考え方を学んでもらうために、ディベートやブレインストーミングなどのグループワークを取り入れています。
これは年次の近い(2~4年目)先輩を講師として、学生と社会人の明確な切り分けや各自の負う責任の重さの違いなどを感じてもらうことで、社会人として働くことの意義や心構えを身に着けてもらうことを目的としています。

新人たちは、グループワークを通して社会人として働いている先輩社員と自分たちの考えの違いを知り、学生だったこれまでとの違いをはっきりと認識してくれたように思います。

研修序盤では学校の授業の延長のような空気が抜けきらない雰囲気でしたが、中盤以降は社会人として研修を受けることの意味を理解し、それまでとは比較にならないような真剣さで研修に取り組むようになりました。

trainee_presentation_code
「ECサイトのソースレビューの様子」

私自身、新入社員の頃に同様の研修を受けましたが、会社自体の成長もあり、そのころに比べて自主的にサポートに来てくれる先輩社員の数は毎年増加しており、新人に対するサポート体制が強くなっているように感じます。

研修を乗り切った新人たちは、いよいよ1人のエンジニアとして本格的に業務をこなしていくことになります。プロとして行う業務は研修とはまた違った厳しさを感じる事かと思いますが、これまでの4か月で学んだ知識や経験を活かして乗り切り、期待以上の成果、成長を見せてくれると信じています。

 

最後に、研修後の打ち上げの様子をご紹介します。
ユニトラストのメンバーとしてすっかりなじんでくれたようで、みんなリラックスした様子で、終始和やかな雰囲気でした。

「研修修了後の打ち上げの様子」

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Share on Tumblr0