UNIBLO社内ブログ

2018年 社員旅行 in 香川 3日目

2018.11.27

こんにちは。今年の社員旅行の幹事を務めた山口です。

さて、楽しかった旅行もとうとう最終日。
帰りも行きと同様、高松空港から羽田空港まで空の旅です。
飛行機の出発までは自由行動ということで、食べ納めにうどん屋をハシゴする人もいれば、「食べるだけじゃもう満足出来ない」とうどんを打つ人がいたり。また2日目に回れなかったホテル近くの観光スポットを巡ってみるなど、各々思い思いに香川を楽しんでいたようです。
折角なので、その様子を少しだけ紹介します。


こんにちは、ユニトラストの斎藤です。
私は最終日、先輩方含め5人で峰山公園に行ってきました!
 

まずは腹ごしらえから。香川といえばうどん!というわけで、行先の途中でうどん屋さんに寄ることに。
行ってみると、そこには朝から20名ほどの行列が出来ていました。

行列の長さからきっと美味しいうどんに違いない!と考えた一同は並ぶことにしました。
お店の名前は「手打十段うどんバカ一代」さん。

人気メニュー第一位の「釜バターうどん」。

麺のコシが強く、非常に美味しかったです!さすが香川!
お腹も膨れたところで、タクシーで山道を登ること10分。峰山公園に到着です!

日曜日ということもあり、家族連れの方達がたくさんいらっしゃいました。
そこからまた10分ほど歩くと大きな建造物や沢山の遊具が並ぶ広場に着きました。

この広場は「はにわっこ広場」といい、峰山公園の周辺が国の史跡に指定されている石清尾山古墳群であることから、
古墳をモチーフとしているらしいです。
最初来た時は、大きなはにわの建造物に目を奪われてしまいました!
写真右の大きな馬の建造物は、後ろのはにわと繋がって大きな滑り台となっています。

この他にも全部で24個のアスレチックがあり、沢山の子供たちが遊んでいました!
 

実はこの公園、2日目のブログでも訪れた「結城友奈は勇者である」の「鷲尾須美の章」の聖地でもあったりします。
せっかくなので公園でのシーンを再現した写真を撮ろうという流れになり、先輩方に沢山撮っていただいたものの中で個人的ベストショット。

幸せそうな顔をしています。今夜はいい夢が見れそうだと言っていました!
アスレチックコースの先を進むとキャンプ場があり、ここも家族連れでキャンプにきた方々が大勢いらっしゃいました。
その先の茂みを進んでいくと3階建ての立派な展望台がありました。

この日天気が快晴だったこともあり、最高の景色でした!
視界180度のパノラマで、海も山も島も市街地も全て一望することが出来るので、絶景スポットとしておすすめです!

 

ぜひ香川に行く機会があれば、峰山公園を訪れてみてください!
斎藤からは以上です!


こんにちは。ユニトラストの小早川です。

香川の観光地として風光明媚な栗林公園があると聞き、同僚と一緒に三日目に栗林公園へ行きました。
栗林公園は400年近い歴史があり、国の特別名勝に指定された回遊式の日本庭園です。
当日は天候に恵まれ、快適に庭園を巡ることができました。

栗林公園は紫雲山のすぐ近くにあり、山がよく見えるのが印象的でした。
この山は紫雲がたなびくように見えることから、紫雲山と名付けられたそうです。

紫雲山の麓には桶樋滝があります。
この滝は藩主松平家が観賞して楽しむため、かつて桶を使って人力で水を汲み上げさせていたそうです。
日本庭園でここまで大きな滝があるところは今のところ見たことがありません。

山が園内の景色と調和していて、とても雄大な景色でした。
一部で紅葉が始まっており、秋らしさもありました。
周りの緑が紅葉を引き立てて、とてもきれいでした。

また、園内はとても広く、大きな池がいくつもありました。
当日は天候に恵まれており、木々だけでなく青空も池に映り込んで素晴らしい眺めでした。

園内は少し歩くだけで景色が大きく変わり、とても見ごたえがありました。
個人的には「飛来峰」という園内の築山からの眺めが一押しです。

この築山は富士山をイメージして造られたそうです。
ここからの眺めは紫雲山がよく見えるだけでなく、池や茶屋など園内を広く見渡せるのでお勧めです。

他の季節に行ったらどんな景色になるんだろう、
この庭園を造った人はどんなコンセプトで造ったんだろう、
など同僚と話しながら、想像力を働かせつつ園内を巡りました。

普段は専ら室内で仕事をしており、またパソコンや書面などを見ることがほとんどなので目が疲れることが多いです。
広大な自然が広がる景色を堪能できて、いいリフレッシュになりました。


如何だったでしょうか?
出発までの短い時間ながらも、社員旅行最後の一日を名一杯楽しんでいる感じがよく伝わって来たかと思います。
因みに私は朝食の4件のうどん屋をハシゴした結果、お腹いっぱいで動けない内に帰りの時間になってしまいました…。

楽しかった自由行動の後は高松空港に集合して一路懐かしの東京へ。
空港では集合時間に遅れた人が飛行機を乗り過ごしかけて一大事!というような騒動もなく、つつがなく東京に帰ることが出来ました。

社員旅行を終えて

今回は「本場讃岐うどんの美味しさを皆にも知って欲しい」という想いから行き先に選んだ香川県でしたが、本音を言うと出発直前まで「皆が楽しんでくれるかどうか」という不安でいっぱいでした。
香川に着いたら着いたで「誰かが怪我したり事故に遭ったりしないかな」「ホテルや宴会の取り忘れはないよね」と変に色々と気を揉んでいましたが、そういった心配も杞憂に終わり何一つ問題が起こることなく無事旅行を終えることが出来て心の底から安堵しています。

幹事としての仕切りが良かったからと自画自賛したいところですが、実際は社員全員が「時間や決まりごとを守る」「周りに気を配りながら皆で楽しもうとする」ということを心懸けて行動をしてくれたお陰です。
どれも社会人として極々当たり前のことかもしれませんが、その当たり前をきちんと守れるよう互いに影響を与え合うところがユニトラストらしさの一つなのかなと思います。

さて、来年はどこに行くことになるのやら。
年明け少し後に開催される2019年の社員旅行行き先コンペが今から楽しみです。

以上、幹事の山口でした。

1日目はこちら⇒<2018年 社員旅行 in 香川 1日目>
2日目はこちら⇒<2018年 社員旅行 in 香川 2日目>

ユニトラストでは共に成長できるメンバーを募集しています!
「一緒に働いてみたい!」と思った方はこちらからどうぞ!

              

OTHER CONTENTSその他のコンテンツ

UNITRUST会社を知る

  • 私たちについて

  • 企業情報

SERVICE事業内容

  • システム開発

  • 自社サービス

CONTACT
お問い合わせ

あなたの「想い」に挑戦します。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:00〜18:00 日・祝日・弊社指定休業日は除く

お問い合わせ